今履いている靴にインソールが必要です。

ヨーロッパでは

履物=靴+インソール(中敷)
日本では

履物=靴

足や膝や腰などが痛い場合にインソールが必要になります。
メガネで例えると分かりやすいです。

 

視力矯正をするのはレンズ

レンズを固定するためのものがフレーム


履物で言えば

足底矯正(体重バランス補正)がインソール

インソールを固定するためのものが靴

靴はメガネで言うフレームですので、

靴を変えてみても履き心地などを左右しますが

根本的な解決にはなりません。

 

本当に大切なのは靴ではなくインソールです。


アルクのオリジナルインソール
これまで培った技術や情報を基にアルクオリジナルの既製品インソールです。 ウォーキングやスポーツ、日常生活や仕事の靴など、幅広い場面でご使用していただけます。 アマゾンでも販売しております。「アルク インソール」で検索 ... (続きを読む)
¥9,800 ¥3,980 1