人間の足のウラの大切さについて、義肢装具士がわかりやすく解説するコラム。今回は足のアーチと心臓の意外な共通点についてお話しします。

 

足のウラのカーブは千差万別

 これまで、外反母趾や腰痛、頭痛、肩こり、むくみや冷え性、血行障害といった体調不良の原因の一つが、足のウラにあることを見てきました。そして、足のウラの不具合の最大の原因は、靴の中底なのです。

 ご存知のように、市販の靴の多くは中底がまっすぐな平面になっています。しかし自然界にまっすぐな線が存在しないのと同じで、私たちの足は平面ではありません。しかも、足のウラの形は人によって違います。

 つまり中底が平面の靴は、全体重をかけて平面に足のウラを無理矢理押し付けているということです。しかも歩いたり走ったりするたびに、普段の何倍もの力がかかります。それが繰り返されることで、知らず知らずのうちに体調不良を引き起こしていたのです。

 問題を解決するのは、インソール

 足のウラの問題を解決できるのは、インソール(靴の中敷き)しかありません。足の形状に合わせてプロが作成したインソールを敷くことで、足のウラのアーチを理想的な形状に保ったまま、全体重を広い面積で支えられるようになります。骨格のバランスが矯正され、頭痛や肩こりが消え、血流の改善が促進されたという例もあります。両足の長さが違うお客様が、短い足の下にインソールを入れることで、腰痛や膝の痛みが劇的に改善されたという話もあります。

 よく「自分に合う靴がない」と言われる方がおられますが、それは靴のサイズや形状が合わないのではなく、インソールが自分の足に合っていないのです。まず、自分に合ったインソール探しから始めませんか?


<次回予告>

次回は、あなたにピッタリのインソールを靴に入れると、どんなメリットがあるかについてお話しします。お楽しみに!




☎ 0574-48-8505 要予約


「歩く」ことに革新を!