人間の足のウラの大切さについて、義肢装具士がわかりやすく解説するコラム。今回は足のストレスが全身に影響するというお話しです。

足のアーチと全身のバランスの関係

 足の骨のアーチが崩れると、外反母趾や偏平足といった足のトラブルを引き起こすだけではありません。たとえば片方の足のアーチが崩れると、その分だけ足の骨の位置が下がります。すると右足と左足の長さが変わり、身体の左右のバランスが崩れます。しかし人間の身体は無意識にこの崩れを補正しようとする働きがあるため、常に全身の関節や筋肉に不要な力がかかり続けることになります。これが全身の緊張やストレスとなり、この状態が長く続くと慢性的な膝や股関節の痛みや腰痛、肩こり、頭痛、精神的なストレスなど、さまざまな不調の原因になるといわれています。

 

 では、両足ともアーチが崩れたら左右のバランスがとれるのかというと、もちろんそんなことはありません。

歩き方が悪いのも、実はアーチ崩れのせい

 二足歩行をする人間は、着地の瞬間、片方の足のウラに大きな衝撃を受けます。このエネルギーがダイレクトに骨格や内臓に伝わることを避けるために、実は足のウラのアーチがクッションの機能を果たしています。アーチが崩れると膝や腰を痛めやすくなるのはそのためです。

 またアーチが機能していないと、人間は衝撃をやわらげるために、無意識に歩き方や立ち方を補正するようになります。たとえばX脚やO脚、猫背、片減り(靴の底の一部分だけが異常に磨り減る)、魚の目、タコ、さらに転びやすいといった症状は、足のアーチが崩れていることが原因かも知れないのです。

 足のウラのアーチを正常に保つことの大切さ、お分かりいただけたでしょうか。





☎ 0574-48-8505 要予約


「歩く」ことに革新を!